症状、脈などの変化を最終確認しながら、回復を早めるために日常の注意点や東洋医学的なアドバイスなどをご説明します。

※以上の「治療の流れ」は症状や痛みの程度などにより手順が変わります。

このエントリーをはてなブックマークに追加